Japan

Wakayama man, ex-girlfriend found dead in his residence

WAKAYAMA (TR) – A 49-year-old man and his former girlfriend were found dead inside his residence in the prefecture last…

Read More »

Tokyo Olympics to allow spectators, provided they “cheer quietly”

Expect a very muted crowd at the Olympics this year. The Tokyo Olympics are set to commence in just over…

Read More »

米露首脳会談で交わされたサイバーセキュリティやランサムウェアの議論–専門家はどう見る?

 米国のJoe Biden大統領とロシアのVladimir Putin大統領は現地時間6月16日、初の対面での首脳会談を行ったが、その際ランサムウェアが重要議題の1つとして取り上げられた。スイスのジュネーブで行われた3時間を超える会談の終了後、両首脳はそれぞれ記者会見を行い、交わされた論点や妥協の可能性についてほのめかした。  Putin氏は記者会見で、ロシアがランサムウェア攻撃グループを庇護していることを否定し、ほかのサイバー攻撃に関する質問には回答しなかった。Biden氏は、首脳間での合意事項については曖昧な回答しかしなかったが、ランサムウェアの問題についてはPutin氏に追及したことを認めた。  「私は特定の重要インフラは攻撃の対象から外すべきだという提案について話をした。サイバー攻撃であっても、ほかの手段であってもだ。私は彼らに、16の具体的な対象を挙げたリストを渡した。16分野の重要インフラだ」とBiden氏は話した。  米シークレットサービスのサイバー調査諮問委員会のTom Kellermann氏委員は、Biden氏が言及した16の対象は、米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)が「重要インフラ部門」として定義したものだと述べている。  同氏によれば、16の分野とは化学、商業施設、通信、重要な製造分野、ダム、防衛産業基盤、緊急サービス、エネルギー、金融サービス、食品・農業、政府施設、医療・公衆衛生、情報技術、原子炉・核物質・核廃棄物、輸送システム、水・廃水システムだという。  これらの分野は、いずれも過去数年の間に数十回ものランサム攻撃を受けており、Biden氏はPutin氏に米国の状況を理解するよう迫ったと話した。Biden氏は米石油パイプライン大手のColonial Pipelineに対するランサムウェア攻撃によって米東海岸の燃料供給が部分的に混乱した事態を例に挙げた。  Biden氏は「私は彼を見て、もしロシアの油田からのパイプラインがランサムウェアの攻撃を受けたらどう思うかと尋ねた。彼は問題になるだろうと答えた」と述べたほか、「私は米国が相当なサイバー能力を備えていることを指摘した。彼はそれを知っている」とも述べた。  さらにBiden氏は、ロシアから行われているサイバー攻撃は同国の評判を落としており、Putin氏はそれを理解しているとも話した。  両首脳の会談に先立ち、主要7​カ国首脳会議(G7サミット)で14日、米国をはじめとする参加国は、ロシアによるサイバー攻撃やランサムウェア組織への関与について非難した。  また、ベルギーのブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議後の声明では、「度重なる重大な悪意のあるサイバー活動の影響は、特定の状況下では、武力攻撃に相当すると見なされる場合があると認識する」と言及された。 ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料) Share this news…

Read More »

Take in the beauty of Hokusai’s wave and then give your verdict on it in Japanese

Osaka – Art is an elusive umbrella concept that covers such a wide range of output that it becomes difficult…

Read More »

ALT from Cameroon suspected in ‘international romance fraud’

HYOGO (TR) – A male assistant language teacher from Cameroon is suspected of engaging in what is known as “international…

Read More »

Animals weighing themselves are Japan’s newest line of strangely relatable capsule toys figures

We know how you feel, panda. A lot of us have put on a little weight during the pandemic, and…

Read More »

【事業開発の達人たち】儲からない地方労働市場の課題解決に挑む–Compass代表・大津愛氏【前編】

 企業の新規事業開発を幅広く支援するフィラメントCEOの角勝が、事業開発やリモートワークに通じた、各界の著名人と対談していく連載「事業開発の達人たち」。今回はチャットボットでキャリアカウンセリングサービスを提供しているCompassの大津愛さんにお話をうかがいました。 Compass代表取締役社長の大津愛さん  前編となる今回は、現代社会における職業マッチングの課題とCompassのサービスによってどう解決するのかについてご紹介します。 地方における「職業マッチング」の課題をITで解決 角氏:よろしくお願いします。まず大津さんがどんな事業をされているか、自己紹介も含めて、教えていただけますか。 大津氏:Compassの代表の大津と申します。Compassは神戸に本社を置いているスタートアップで、LINEのチャットボット「CHOICE!」でオンラインのキャリアカウンセリングを行い、その後、AIでキャリアマッチングをするという事業を展開しています。相談のノウハウとテクノロジーを掛け合わせて、年収500万円以下の方を対象にした相談サービスとキャリアマッチングを行うスタートアップです。 角氏:年収500万円以下を対象とされているところに目的意識が感じられますね。 大津氏:そうなんです。いわゆるエージェントサービスは年収500万円以上の方々しか対象としていないため、私たちはそこに注目しています。日本は年収500万円以下の方が人口の70%以上にもかかわらず、そうした方々は、エージェントサービスのターゲットではないため、しっかりとマッチングサービスを受けることができません。  求人広告掲載型のサービスやハローワークで仕事を探したりすることが多く、どうしてもミスマッチが起こりやすいので、自分で全部探すのではなくてエージェントサービスがあったらいいのになというところから始まっています。 角氏:なるほど。一般的なエージェントサービスのターゲットが500万円以上というのは、それ以下の年収の方を対象にしても儲けが少ないということでしょうか? 大津氏:そうですね。やはり日本の人材業界のルールとして、マネタイズポイントが人材紹介手数料になっていますので、どうしても年収が高いゾーンがレッドオーシャンになりがちです。 角氏:Compassではどういう感じでやられているか、もっと詳しく教えていただけますか? 大津氏:こちらが資料です。 角氏:ビジョンがいいですね。「地方労働市場」の“地方”が入っているのがいいです。 大津氏:そうですね。どうしても東京に一極集中してしまっているところが人材エージェントの問題でもあるので。採用にお金をかけても企業に合った人を採用できないのが地方の企業さんの課題でもありますし、逆に地方の人が就職先を探すといった意味でも大きい課題があるなと思っています。 角氏:エージェントがそもそも東京圏に集中しているという問題があるんですね。 大津:はい。人材紹介手数料をたくさん払える会社がどんな会社かと考えると、東京にあって、採用予算もある規模の大きい会社になりますよね。日本の企業の9割が中小企業であるにもかかわらず、やはり利用しているのは東京にある大手企業さんということになります。したがって、地方の企業は独自に採用していくことになり、現場のリソース不足がなかなか解消できず、それが経営課題に直結しているのが地方の労働市場の企業側の問題でもあると私たちは肌で感じています。  「高い給料をもらうには東京に行かなければいけない」「いい人を採用するには東京に行かなければならない」という状況は、ずっと残り続けると思います。でも、終身雇用が崩壊し、ジョブ型採用が進んで、いろいろな人が気軽に人材流動できるような時代になっていくときに、気軽にマッチングができる仕組みがあるのかというと、ないように思うんですね。 角氏:なるほど。年収500万以下の場合は、そもそもエージェントなどを使って探す、つまり大企業から手を伸ばしていろいろ探していくようなパターンではなく、企業側がバッと募集をして、それに対して労働者側が応募するというパターンしかなくなってしまうと。労働者が受け身にならざるを得ないんですね。 大津氏:そうです。ある一定の研修があって、ここまでやって経験を積めばこれぐらいのパフォーマンスは出るという、たとえば350〜400万円の年収ゾーンですと、ほしい人材像が明確というよりはキャリアセットだけが明確にあったりするので、募集要項にそこしか書いていないことが多いんです。そうすると、バーっと応募したときに、今までの経歴や職歴や年齢といった属性で落とされてしまって、そもそもマッチングのテーブルに上がらないということが起きてくるんですね。…

Read More »

Rethinking housing priorities in Japan in the wake of COVID-19

Floor space often comes at a premium in Japan, especially in urban centers where land is scarce and property prices…

Read More »

Japanese researchers learn how to grow hair follicles, and probably new hair

If you want hair restoration, better go to the source. No matter how far medical science has come, the issue…

Read More »

Police believe marijuana’s hallucinogenic properties caused man to plunge to his death in Shibuya

TOKYO (TR) – A 22-year-old man who fell to his death from a restaurant window in Shibuya Ward last month…

Read More »
Back to top button
Close